FX初心者は、馴染みのある通貨、ドルやユーロ、豪ドルからはじめよう

FXは、世界中の通貨で取引をすることができます。

取引できる通貨は、普段の生活で目にすることがない通貨ばかりで、私も初心者のときには驚いてしまったものです。

初心者は、馴染みのない通貨を見ると、つい手を出したくなってしまうものです。

ですが、FXの取引で大切なことは、馴染みのある通貨で取引をすることです。

日本人に一番馴染みのある通貨なら、米ドルですね。
米ドルなら、ニュースを見ていれば、値動きはよく分かります。

また、アメリカ国内の状況も、簡単に入手できます。

情報が入手しやすいことは、とても大切なことです。
入手できる情報が少ないと、値動きを予想することができません。

初心者の方は、自分にとって、一番馴染みのある通貨で取引を始めるのが良いでしょう。

私も珍しい通貨が気になりましたが、始めは米ドルからスタートすることにしました。
米ドルで慣れてから、豪ドルなどに手を出しましたね。

ただ、珍しい国の通貨に手を出すときには、リスクを覚悟しなければいけません。

私が米ドル以外で取引をするときには、リスクを最小限に抑える方法を取っています。

リスクがあることを理解しているなら、珍しい通貨に手を出すのも良いでしょう。

しかし、FXを始めたばかりの頃は、情報の入手方法などはよく分かりません。
そんな状況で手を出してしまっても、損をしてしまうだけです。

珍しい通貨に手を出すのは、取引に慣れている上級者になってからでも、遅くはありません。

このページの先頭へ